札幌の子ども・小学生向けプログラミングスクール「寺子屋×ぷろぐれす」

独自教材で既成のゲームは使いません。月6,600円(税込)~ 学べる札幌市中央区にあるプログラミング教室です。白石区に姉妹校WeducationAcademyがございます。

学びの本質である好奇心を大切に、超少人数制でお子様一人一人の特長に合わせた学びの場を提供します。

【キャンペーン・授業体験のお問合わせ】

所在地:札幌市中央区南6条西8丁目4-11 2階
電 話:011-206-1790 10:00~18:00
株式会社イノベイト プログラミング教室担当まで


最新情報は、寺子屋公式LINEアカウントでも配信中。是非お友達追加してください。

友だち追加

新年度レッスンの様子!

 札幌の子ども向けプログラミング教室「寺子屋×ぷろぐれす」札幌資生館教室です。新年度が始まり、新たに入会したお子様を含め、順調にレッスン進行中です。

 今回紹介するのは、月4回で通ってくれているTくん、Iくん。教室の外の待合いで前のレッスンが終わるのを静かに待って、レッスン時間になると「こんにちは!よろしくお願いします!」と元気に挨拶をして入室。素晴らしい! しっかりレッスンも聞いているので、早くもオリジナル作品を作り始めています。

あれ?このキャラクターは・・・

 Iくんは、マイ〇ラに登場するキャラクターをイメージしたスプライトを描いているようです。当教室では既成のゲームは使わないので、子どもたちは、教室にある環境の中で工夫して作品を作ります。どうしたらいいか、試行錯誤。先生とも相談しながら、キャラクターがどのように作られているかを考えます。しばらく考えていると、単純な多角形を少し変形させることで、様々な形状を生み出すことに気が付き始めます。色や形の組み合わせが見えてきます。「あっ!そうか!」 今まで一方向からしか見ていなかった形が「違う方向」から見えるようになった瞬間です。Iくんは頭の回転が速いので、小さなヒントが大きな結果に結び付きます。素晴らしい!

ピッチャー側から見た野球のシーンを再現中

 Tくんは野球中継のようなシーンを再現しようと取り組んでいます。ピッチャーから投じられたボールをバッターが打ち返すという単純そうなシーンなのですが、、、
 バッターに向かっていくボールが徐々に小さくなっていく様子、打ち返されると今度はスピードを上げながらボールが急速に大きくなって画面から飛び出していくような効果を考えているようです。Tくんは、物事をよく観察できる能力が身についているようです。これまた素晴らしい! プログラムで再現するためには、動かしながら大きさを変えて・・・一つ一つ丁寧に動きを命令に置き換えていきます。

 月に4回通う2人ですが、毎回レッスン時間が足りない!というぐらい真剣に集中して取り組んでいます。入会してまだ間もないのですが、今後の成長がとても楽しみです!

「寺子屋×ぷろぐれす」札幌資生館教室では、曜日・時間帯により、まだ若干の受け入れが可能です。
まずは、無料授業体験(予約制)に参加してみませんか?
火曜日・木曜日 16:00~17:00
日曜日 14:00~15:00(隔週)

【ご予約・お問い合わせ】
電話 011-206-1790(10:00~18:00) 運営:イノベイト
または、
LINE https://lin.ee/mjUU76p